ハッカソン要項

日本遺産「未来を拓いた『一本の水路』」、安積開拓、安積疏水をテーマにしたアプリのプロトタイプ(原型)を制作し、プレゼンテーションをする大会です。

「一本の水路」構成文化財

猪苗代湖、安積疏水、安積開拓を結ぶ日本遺産『未来を拓いた「一本の水路」-大久保利通"最期の夢"と開拓者の軌跡』。そのストーリーを語る上で不可欠な文化財群「構成文化財」を紹介します。

「一本の水路」ブランド

 日本遺産「未来を拓いた『一本の水路』-」では、「一本の水路」のイメージに関連付けられる優れた産品や活動団体など、次世代へ受け継ぐ象徴として「ブランド認証」をしています。.

インプット講座

日本遺産「未来を拓いた『一本の水路』」や安積開拓、安積疏水の歴史、構成文化財などについて、わかりやすく解説した動画を配信しています。どうぞ、ご覧覧ください。

「未来を拓いた『一本の水路』」が日本遺産の認定継続

 文化庁は7月29日、地域の文化財を組み合わせて観光振興につなげる「日本遺産」のうち、2016年度に認定された19件の継続審査の結果を発表した。安積疏水などをテーマにした郡山市と猪苗代町の「未来を拓)いた『一本の水路』」が審査され、「認定継続」となった。
 未来を拓いた「一本の水路」は、全体として日本遺産を通じた地域活性化と観光の振興を図る土台の整備や必要な取り組みができていることが評価された。

ハッカソン会場は、農産物直売施設「あぐりあ」

  JA福島さくら農産物地直売施設「あぐりあ」は2021年3月、多機能型施設で、家族連れに足を運んでもらうことをコンセプトにオープンした。施設には新鮮な地元野菜をはじめ、果物、精肉、鮮魚、同市の特産品などを取り扱う直売所のほか、地元野菜などを使った料理を提供するレストラン、コミュニティスペース、料理教室などが開かれる多目的スペースやキッズスペースもある。

 【住所】郡山市安積町成田1丁目20ー1

 【電話】024-945-7483

入植者の碑

郡山商工会議所青年部が平成5年(1993)から平成7年(1995)にかけて 士族らが開拓した場所を示す「入植者の碑」を市内10箇所に設置し、開拓者魂と足跡を後世に伝えている。

コンテンツ一覧 へ

人物・モニュメント

安積開拓・安積疏水には数多くの先人たちが情熱を注いだ。偉業を成し遂げた先人たちの功績、各地に建立されている記念碑などのモニュメントを紹介する。

コンテンツ一覧 へ

関連資料・リンク

日本遺産「未来を拓いた『一本の水路』」、安積開拓・安積疏水に理解を深めるために役立つ情報、資料を集めました。アプリ開発の素材として、ご利用ください。

コンテンツ一覧 へ

特別協賛

協 賛

トピックス